太平洋三丁目

くぢらの気が向いた時に更新されるズボラ管理ブログさ~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
第8話『あばよ、愛弟子』

四天王の一人『怒涛の慧音』の登場、結集する仲間たち、激化する弾幕ごっこの中で魔理沙と魅魔は魔界神の存在を知る。
弾幕飛び交う決戦の中、漢女(オトメ)は自分の運命を知ることになる…

霊夢「楽しみにしてるからね、(お賽銭)10倍返し!」
戯れで交わした約束、冗談だと思っても心のどこかで期待させてくれる、そんな女だった
     
幽香「謀ったわねっ、魅魔!!!」
初めて出会った時から、気に食わないやつだった。彼女を倒すのは、自分の手でと決めていたのに

魔理沙「生きてたのっ、魅魔さま!!」
自分の中の不安も、絶望も、その笑みで吹き飛ばしてくれる。自分の目指す世界一の師
     
魅魔「魔理沙・・・あんた自分を誰だと思ってるんだいっ
    あんたの魔砲は、天と地と、弾幕を貫く魔砲じゃないのかいっ!!」

天幻砲火第八話


――――――あばよ、愛弟子
そして、私たちは掛け替えの無いボスを・・・失ってしまった



記念すべき天幻砲火マスタースパーク一号です。
一号ということなので、当然ながら1~7話はありません。
原作のこのシーンを見て、ふいに描きたくなったからです!!
他にも飛び飛びで話が進みますが、補完はしません。
元々ロボアニメ×弾幕少女 という無茶なコラボなので、纏めようとすると必ず破綻してしまいますからw




第11話『魔理沙、手をどけて』

父であり、母であり、偉大な師であった魅魔を失った魔理沙。
皆を導いてきた魅魔の代わりを務めるためか、それとも死別の哀しみを振り切る為か
魔理沙は己が身を省みずがむしゃらに戦い続けた・・・しかし、それは過ちだった。
どんなに戦っても、どんなに歯を食いしばっても、魔理沙は魅魔にはなれない。
そんな現実を前にして、魔理沙の心は・・・屈してしまった。
その時、四天王の一人『不動の永琳』率いるイナバ部隊の策略に陥り、絶体絶命の危機を迎える一行
捕らわれたアリスに迫る、永琳の魔の手・・・しかし彼女は信じた。
     
アリス「魔理沙が魅魔を信じたように、私も魔理沙を信じるわっ!」
     
少女の無垢な願いに・・・魔理沙は、立ち上がる

天幻砲火第11話


魔理沙「魅魔さまは(出番的意味で)死んだっ、もう出ない!
     だけど、私の帽子に、この胸に、一つになって出続ける!
     魔砲撃つなら天を撃つ、弾幕あられも突っ切って、グレイズしたら私の勝ちっ!!
     私を誰だと思っている、私は魔理沙だ。魅魔さまじゃないっ
     私は私だっ! 霧雨魔理沙だっ!!!!」

永琳「御託はいらないわ!『アポロ13』!!」
魔理沙「!?・・・っ・・・必殺っ!!」
霊夢「あのスペルは!?」

魅魔のように、力強く、そして何者にも屈しない、不撓不屈の意思の具現。そのスペルは
魔理沙「ファァァイナルゥ!!マスタァァァァ!スパァァァァァァァク!!!!!」



ロゥ!ロゥ!ファイトパゥワ!!
天幻砲火第13話アイキャッチ




第二号の作品です。
当然ながら、9話、10話はありませんw
ほんっとに魔理沙って、こういう熱血キャラが似合いますね、描いてて楽しかったです。
魔理沙の帽子に、ちゃっかり魅魔と同じ太陽のマークが描いてあったりと小細工してたりします。
この回で貰ったコメントに色々キャスティングについてありましたが・・・
実は当時ろくすっぽ決まってませんでしたw
兎に角似合うキャラをがんがん突っ込もう、これだけですね。
後、オマケでキャッチアイ風のもうp。
永琳直属の部下『イナバ部隊』の幹部二人です。獣人です。
悪役なので、意地悪そうな顔をさせてみましたが・・・これはこれで愛嬌があるうどんげですね(ぇ
てゐはなんというか、もう、似合いすぎで違和感がありませんw
後ろの巨大座薬は、うどんげを描こうと決まった時点で決定してました。これが無くてはうどんげは語れませんからね!!




第13話『皆、たんと召し上がりなさい』

王都パンデモニゥムを目前にした一行、だが敵の弾幕は日を追うごとにその苛烈さを増してゆく。
そして、敵の中枢を狙い飛び出した魔理沙と霊夢の前に・・・宿敵、幽香が立ちはだかった。

天幻砲火第13話


幽香「・・・どうして巫女と小娘しか居ないの?
    魅魔は・・・魅魔は、何処に行ったぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」
牙を剥き、己が認めた宿敵の名を叫ぶ幽香。だが彼女は知らなかった。
魅魔が既に・・・帰らぬ人となったことに。

霊夢「魔理沙・・・一人じゃ・・・」
引き止めたかった、でも言葉が続かなかった。
魔理沙の浮かべる笑みに・・・魅魔のような頼もしさがあったから。

魔理沙「心配するなって、霊夢は私が守るぜ」
幽香を前にしても、不思議と恐怖は無かった。代わりに胸の奥に溢れるものは、勇気。
そして魅魔の遺した言葉が、この小さな身体に大きな力を満たしてくれる。


魔理沙「あんたが信じる・・・あんたを信じろっ!
     ここでケリをつけるぜっ―――――幽香ぁっ!!!」



ロゥ!ロゥ!ファイトパゥワ!
天幻砲火第11話アイキャッチ





第三号の作品です。
ストーリーも佳境に入り、激しい戦いが繰り広げられてる場面です。
戦闘シーンはないので、この漢らし、もとい漢女らしい二人とヒロインと人形を見て脳内補完してくださいw
幽香=ヴィラルもまた、てゐと同様似合いすぎと言いますか、元々サドッ気のある人なのでこういう役が合うんですね。やっぱり描いてて楽しかったです(ぇ
この回は、比較的原画はスムーズに行ったのですが、見ての通り演出に力が入ってます。
わんにゃに苦労をかけた回でございました。途中途中で色々話し合うこともしばしば。まぁ、その甲斐ある出来栄えだと思います。ゆうかりんカッコイイよ!
そしてこの回もアイキャッチ風のをオマケでうpしてました。
とんでも料理が出てきて、パチェさんの顔色が益々ヤヴァイことに・・・
作中は原作に則ってこんな壊滅的料理の腕前ですが、本当のアリスは手先が器用で、一人暮らしもしているので料理の腕前は美味い部類に入るものではないでしょうかw


これで溜め込んでた天幻砲火シリーズは全部です、どうぞ楽しんで下さい!
ちなみに、全作品が壁紙仕様となっております、気に入ったのがあったら是非使ってくださいw
スポンサーサイト

凄く、面白いし、素晴らしい

2008.09.03 23:51 URL | #- [ 編集 ]

お賽銭10倍返しに吹いてしまったwwwww

2008.09.07 12:58 URL | #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gokurakufestival.blog56.fc2.com/tb.php/21-06d83b0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。